ジョナサンシアラー

ヴィンヤードマネジャー

ジョナサンシアラーは(一般的にジョノと知られています。)) 2012年以来ローズマウントエステーツで働いています。ジョナサンはマクラーレンヴェイル近郊で育ち、ローズマウントに入る前は、12年間オーストラリアとアメリカのワイン産地で働いておりました。

ジョノは小さいころからアウトドアで働くことの重要さを痛感しておりました。ブドウ栽培は、自然への敬意を払いながらも、自然からのさまざまな挑戦に応えながらサステナブルな実践的な農業の経験をつんでいくことが大切です。全ての季節は異なり、ジョノにとってはどうやって素晴らしいワインを造るか趣向を凝らすことがこの業界での一番のやりがいです。

学校を卒業してすぐ、ジョノはアデレード大学で農業を専攻しました。納涼を勉強、クリケット、パーティーを楽しむかたわら、ジョノはハーディーズとリチャードハミルトンワインでアルバイトをし、ヴィンヤードの運営について学びました。

1999年、ジョノはリバーランドにあるオーストラリアンヴィンテージでテクニカルオフィサーとして働くことになりました。大学を卒業し、さらに二年半オーストラリアンヴィンテージで働きました。ジョノはその後サウスコープに入り、冷涼な気候でのワイン造りに励みました。すぐにNSWのヴィンヤードマネージャーに昇格されましたが、11月は雪が降るためワイン造りは大変でしたが、冷涼な気候を生かした素晴らしいシャルドネとピノノワールを造ることができイエローグレンやセッペルトに使われました。ジョノはまたヒースコートの温暖な気候を生かして素晴らしいシラーズをつくり、ペンフォールズやセッペルトに使われました。

9年後、家族と共にアメリカに向かいました。インペリアル単位とスペイン語のコース取った彼は、カリフォルニアでのワイン造りは素晴らしい経験になると気づきました。

2012年にはジョノは再び故郷に戻りローズマウントエステーツでマクラーレンヴェイルのぶどう園をヴィンヤードマネジャーとして管理するようになりました。

彼のお気に入りはローズマウントエステーツ バルモラルシラーズ、GSM、シングルヴィンヤードシリーズ、Qブロック カベルネソービニヨンなどです。

Top