ランダルカミンズ

ワインメーカー

南オーストラリアのエア半島のロックの小麦の農園で育ったランダルはワイン産業と縁のない生活を送っていました。(ただ両親はワイン愛好家でした。)農業と科学へ非常に高い関心のあったランダルはウェイト農業研究所で1週間のインターンを経験しました。農業科学はじぶんい合わないと気づいたランダルでしたが、ランチタイムに図書館でワインに関する本を読み始めました。ウェイトにはオーストラリアワイン研究所があり、ブドウ栽培に関するコースもありました。ここがランダルの後のキャリアの原点となったのでした。

ブドウ栽培に関するコースが始まり、ランダルはその魅力にとりこになりました。ランダルはマクラーレンヴェイルのぶどう園で働き、偶然にも彼が働いたぶどう園はローズマウントエステーツにブドウを提供していました。ランダルはサウスコープにて大学院のプログラムの一貫として働くこととなり、クナワラでルージュオムのヴィンテージをまた、バロッサヴァレーでは ペンフォールズワインを造りました。それからハンターヴァレーに移り、2002年からはローズマウントエステーツで働くこととなりました。ランダルはすぐにこの環境になれ、毎年世界各国から訪れる人とのふれあいの仲で見聞を広め、ワインに精通するようになりました。そして何よりもランダルはローズマウントエステーツとロバートモンダヴィとパートナーシップを結びあるヴィンテージを仕上げたのでした。ローズマウントは数々の賞を受賞することとなり、2012ディストリクトリリース マクラーレンヴェイル カベルネソービニヨンが、2013 マクラーレンヴェイルワインショーで『ワイン・オブ・ザ・ショー』受賞したことが何よりの功績でしょう。

ランダルは素晴らしい人やリソースに囲まれ、濃厚で飲みやすく、楽しく飲める素晴らしいワインを造ることが出来ることを大変光栄に思っています。 ランダルは、ワインとは楽しむということが根底にあるというこがローズマウントエステーツの最も素晴らしい美徳の一つだと思っています。

Top