トレバータッカー

ワインメーカー

トレバーは南オーストラリアのリバーランドで生まれ、その後アデレイドに移り住み、そこで教育をうけました。お菓子やさんのシェフとして11年間働いた後1987年に故郷に戻ってワイン造りを始めることとなりました。トレバーはアデレイドヒルズのぶどう園で何年も働き、ワイン醸造の経験をつむと共にチャールズスチュアート大学でワイメイキングの学位をとりました。

マクラーレンヴェイルに導かれ1994年からマクラーレンヴェイルで働くようになり、アンドリューギャレット、インゴールドビーマグリエリワインのワインメーかーとして経験をつみました。イタリア、ブルガリアなど海外でも4つのヴィンテージを造り、ワインメイキングコンサルタントとしても働きました。

2008年にはトレバーはローズマウントエステーツのワインメイキングチームの一員になりました。特に素晴らしいブドウを用いて、革新的なワインメイキングの技術を生かしてさまざまなワイン造りを試みました。

ローズマウントに入ってからまだ6年しかたっていませんが、彼は既に素晴らしい経験をつんでおり、このブランドの素晴らしい未来が待ち受けているといえます。

Top