ヴォーガンコーク

生産者リエゾンオフィサー

ハンターヴァレーで育ったヴォーガンは常に土地とその生産物との関係性に深い関心を寄せていました。

ローズマウントエステーツはワインメイキングとブドウ栽培と共に関連付けて考えるアプローチを持っており、ブドウからワインまで一つのジャーニーとして楽しんでいました。

ローズマウントエステーツから1997年に仕事のオファーがありましたが、ヴォーガンはマックスウェルブルックのとデンマンの間に位置するマスウェルブルックで働きたいと思いました。ロックスバーグでの経験により土壌や地理がブドウ栽培に重要であることを学びました。2009年には、ヴォーガンはハンターヴァレーからマクラーレンヴェイルに引っ越しました。ワイン産地が変わったことで土壌や地理がワインメイキングに与える影響について再度彼は学びました。地域の特質や多様性は特にマクラーレンヴェイルのワインメイキングにおいて重要な位置をしめています。

ローズマウントエステーツはローズマウントエステーツセラードアを囲むぶどう園のブドウをと共にマクラーレンヴェイルや南オーストラリアのぶどう園のブドウも使っています。生産者リエゾンオフィサーとしてヴォーガンは各生産者やぶどう園などとかかわり、もっとも素晴らしいワイン生産に貢献することを喜びとしています。彼のお気に入りはローズマウントエステーツナーザリーシリーズ フィアノ、MVコレクション カベルネソービニヨン、SGM、シングルヴィンヤード シラーズグルナッシュです。

Top